TECH PARK

人は、一本の葦、自然の中でも最も弱い葦でしかない。
でも考える葦だ。

人を倒すために、宇宙全体が武器を取る必要はない。ひとしずくの水蒸気、一滴の水で十分だ。 しかし仮に宇宙が人を押しつぶしたとしても、人は自分を殺そうとするものより、はるかに高貴だ。

なぜなら人は死ぬことを知っていて、宇宙の何が自分よりも優れているかを知っているからだ。宇宙は、なにも知らない。

だからこそ私たちの尊厳は、考えるということにある。
私たちは、考えるということを足場に立ち上がらなければならないのであり、満たすことのできない時間や空間を拠り所とすべきではない。

だからこそ考えることに努めよう。それが人として生きていくための、忘れてはいけないことなのだ。

パスカル「パンセ」 最首英裕 訳